初心者の方へ

私も最初は幾度となく試行錯誤を繰り返し、今に至っています。その経験から言えるのですが、初心者の方は、

触りすぎ!?

私の子供たちもみんな一度はやっていました。私から一式、まるで奪うようにして初め、ライブロックや種砂、全て勝手に持ち出して、(私が留守の間に水槽のレイアウトが変わり、何時の間にか寂しくなっている事も度々でした)やっていましたが全て失敗、全滅です。その原因は、

触りすぎ!?

待てないんです。私もそれで苦労しました。レイアウトが気になるとか、これが良いらしいとか、こうすれば立ち上りが早いらしいとか、見聞きする事を全てやりたくなり、結局は、暇さえあれば水槽の中に手を入れている自分が居ました。

一度セットしたら余程の事が無い限り触らない。最初のセット時に定期的な部分換水をするぐらいで、後は緊急時、白濁した時とか、以外は触らないことです。ちゃんと立ち上がった頃には、少々水槽内のレイアウトを変更しようが何の問題も無く出来るようになります。その時まで我慢です。

私のやりかたです。自己責任で!?

掃除

  • 濾材の掃除は基本的にしません。引っ越しなどで仕方なく、でも、使用していた水で軽くゆすぐ程度です。
  • 水槽内の苔取りはたまに気が向いたら。
  • 取り除いた苔はそのまま水槽内に放置。
  • ウールマットは家族にいい加減に替えたら、で仕方なく。いつも目詰まり寸前です。

スポンサーリンク



給餌

気が付いた時。

魚の追加

  • 購入時のビニール袋をそのまま水槽に浮かべておきます(一応温度合わせのつもり)。忘れて一昼夜そのままだった事も!!
  • 面倒くさい時はそのまま(水ごと)移すか、網ですくって移す。網が見当たらない時に、手ですくって入れた事もあります。でも、魚は元気です。

定期的な部分換水

しません。循環ポンプが空回りする寸前の水位なって、慌ててカルキ抜きした水道水をつぎ足します。もちろん塩分濃度何て計りません。眼中に有りません。家族の目は冷たいです。

あまり神経質にならない事です。

水槽を立ち上げてから水が出来るまで、1~2週間から3か月間、幅が有るのは種砂、ライブロックなどの使用で異なるため、スズメダイなどのテストフィシュ(パイロットフィシュ)で様子を見ながら追加していきましょう。クマノミなんかも丈夫で飼いやすい種です。

我が家の初代クマノミ(ハマクマ)は、最初小さくて、朝見ると給水ポンプの吸い込み口に、吸いこまれそうにピタリとくっついていて、あ・・・死んでる。と思ったほどですが、その後元気に10数年生きていました。失敗するほとんどの人は、焦りすぎ、神経質になりすぎ、触りすぎ(濾過や水槽内)です。私もそうでしたので気持ちは分かります。でも、落ち着いて対処しましょう。

病気の時も同じで、水槽の丸洗いや水の全取り替えなんてナンセンスです。また最初からやり直しになります。無菌の水槽何てありえないと思って下さい。私の水槽でも過去には殆どの病気が出てます。でも、この10年近く病気らしい病気は出ていません。餌食いも良く、発色もショップの魚より遥かに良いです。