必要な物

最低限の必要なものを揃えます。

ショップで売っている海水魚セットでも構いません。ただ、内容のチェックは必要です。

必要な物 説明
水槽台 水が入った水槽はかなりの重量になります。(オーバーフローの場合は穴あきの水槽台です。)
水槽 ガラス製orアクリル製
濾過槽 総水量にあった容量を(淡水魚用の2〜3クラス上を)
循環ポンプ 濾過槽の容量と飼育する魚に合わせて!! 水量が強すぎると濾過槽を水は通過するだけで、遊泳力の弱い魚はクルクル回されます。
ヒーター・サーモスタット 水温を25度前後に保つために必要です。夏場、以上に温度が高くなる環境ではクーラーも必要になってきます。
エアーポンプ・エアーディフューザー(エアーストーン) オーバーフローの場合は必ずしも必要ではなく、細かい泡がビジュアル的に必要な方用。
海水 人工海水の素
海水比重計 これは余談ですが、むかし水換え時に海水比重計が見つからず、やむ無く海水浴の時の塩っぱさを思い出しながら舐めて、こんなもんかなっていい加減に替えたことも有ります。(マネはしないで!!)でも、お魚さん元気です。
水温計 もう何十年も使ってない。(使ってないと言うより、今、持ってません。)
濾材 サンゴ砂中粒
底砂 パウダー状サンゴ砂
種砂 ショップで使用していたパウダー状サンゴ砂や濾材のサンゴ砂中粒。(良質のものが購入出来れば立ち上がりが早いのですが、無くても可。)
ライブロックorレイアウト用サンゴ岩 ライブロックは良質の物が入れば良いのですが、無くても全然大丈夫です。立ち上がりが早いか遅くなるかの違いだけです。(でも、早く立ち上げたいですよね・・・。)
照明器具 水槽サイズに合わせる
テストフィッシュ(パイロットフィッシュ) 基本的にスズメダイが一般的です。

購入には注意をして粗悪品を買わない。

(昔はショップオリジナル品に、安く売るための粗悪品もありました。)

スポンサーリンク



水を入れた水槽は重量物です。粗悪なアクリル水槽は膨れます。濾過槽も濾過をあまりしないで水か通過するだけの物や、循環ポンプも24時間365日休みなしです。緊急時には致命傷になる場合もあります。

その他参考までに

参考までに記しましたがマニアックな商品で、持っている物も有りますが今現在は使っていません、

私的には全然必要ないです。

器具 用途
紫外線殺菌灯(UVフィルター) その名のごとく紫外線で水を殺菌する装置です。
プロテインスキマー 原理は水中に微小な泡を発生させ、その界面に様々な有機物や細菌などを吸着させ除去すると言う物です。ベルリン式には必須ですが・・・私の場合必要ないです。
オゾナイザー オゾンの酸化能力で魚から出る有害な廃棄物を分解するのが目的ですが、使い方を誤ると魚にも影響が出ます。その為、プロテインスキマーとの併用で安全に使用します。
クーラー 夏場の高水温対策として!!
テスター類 夏場の高水温対策として!!