海水魚の相性

あくまでも一般的な相性であって、個体差も有ります。組み合わせに寄っても大きく作用され、微妙なバランスで飼える場合も多々あります。

キンチャクダイの仲間

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

大型、中型、小型ヤッコとバラエティ豊富で、特に大型になるヤッコは成長の過程での形態の変化が著しく、まるで別種のようになる者もいて、昔から人気があります。
多種とはあまり争いませんが、同種や近似種とは争います。
スポンサーリンク



チョウチョウウオの仲間

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

ヤッコに次ぐ人気者で、多種とは比較的容易に飼えますが、群れを作るタイプと単独行動するタイプがあり、注意が必要です。

ハナダイの仲間


ハナダイは混泳向きですが、ハタは肉食系の捕食魚なので要注意。ニセスズメダイはかなり気が強く、同種以外の魚にもちょっかいを出すので注意が必要です。

スズメダイの仲間

 

 


複数飼育の場合、一部の例外を除きその多くは激しく争います。過密状態で飼う方法もありますが、隠れ場所に相応した匹数での飼育が望ましいです。

クマノミの場合も同様です。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ニザダイ、アイゴの仲間

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

この種もスズメダイ同様に海の中では群れを作っていますが、水槽内では一部の種(ナンヨウハギ等)以外の同種の混泳は避けたほうが懸命です。ニザダイの仲間は尾柄部に棘があり武器になります。

ベラ、ブダイの仲間

同種間では争うものもいますが他種とは問題なく混泳出来ます。

ハゼ、ギンボ、ゴンベの仲間

温和で他種との混泳も問題無いのですが臆病な種が多いいです。

補足ですが

自家採取も結構面白いですよ。
三浦半島や千葉房総では比較的簡単に採取出来るのがスズメダイ、サンゴイソギンチャク、ケヤリ虫、ウミウシ等で夏にトライしてみては、結構楽しいですよ。(伊豆方面は別格で、海水浴場そばの磯場でも驚きの光景です。)