海水

天然海水

天然海水がいちばん良いのですが、無理な話です。新鮮な海水を採取するのは大変です。たとえ採取出来ても、その瞬間から元天然海水で、中には良い物悪い物すべて含まれています。水槽で温度を上げた途端にトラブル発生、と言う事も有ります。要するになま物で痛みが早いのです。

人工海水

通常のメーカー品であれば、国産品でも輸入品であっても、何の問題もなく使用できます。ただし、溶けやすいもの溶けにくいもの、かるき抜き不要と必要なのがあり、必ず確認をしてから使用してください。無菌で長持ちします。

無菌

随分むかしの話ですが、イソギンチャクが弱り半分近く腐った事があります。

ご存知のように、無脊椎は腐るとどろどろに溶けだし早急に廃棄処分ですが、何故かその時は60cm水槽(ホームセンターなどのセット水槽)に簡単な上部濾過器で人工海水を作り、溶けだした部分を取り除いて、入れたまま放置していたのですが・・・

なんと!!

少し小っちゃくなりましたが再生していました。

この時は、

恐るべき!!
人工海水と思ったものです。

やはり無菌はいいですね。

その後、
元の水槽に戻せました。